看護師 転職 口コミ

 

看護師 転職 口コミ|職場の現状は?

看護師はつらい。
看護師はハードな業務。
看護師は需要の高い職業。

 

病院かクリニック、または条件によっては異なってくるかと思いますが、世間一般の職業と比べてもそうかと思います。そしてこの事は、勤務されている看護師も存分に知っているかと思います。

 

転職を検討されている方はコチラへ

 

看護師という職業自体、人の命を預かるという重責を担い、社会に役立つという大切な仕事ですし、患者さんからの喜びの声を直接もらえるようなやりがいのある仕事です。求人に関しても、その求人数の多さから、今は看護師ではなくても、いずれ看護師になりたいという願望を持つ女性も多いのではないでしょうか。

 

実際の現場はどのようになっているのでしょうか?

 

看護師はかなりのハードワークを強いられる場合が多くあります。特に急性病院や大学病院、総合病院では夜勤はつきものです。決まりでは月8日以内の夜勤ということになっていますが、それ以上に夜勤をしなければならない場合、また残業なども多くあります。

 

看護師転職は、求人も多く職に就きやすいと言いますが、それは裏を返せば、病院は出入りが多く・常に人材不足に悩まされているという事になります。

 

 

 

看護師の離職率や転職率は非常に高いので有名で、1〜2年で職場を離れる人が後を絶ちません。看護師の新人の離職率は10%に近く、また看護師全体でも44%の人が仕事を辞めたいと思っているという驚くべき数字もあります。

 

看護師は、労働条件がハードなだけでなく、肉体労働ですし、病院内で看護師同士のコミュニケーションを密に行う必要があり、看護師社会はとても狭く人間関係がうまくいかないと非常に勤務しづらいというのも現状です。

 

特に看護師は女性がほとんどで、女性社会であるというのもポイントです。

 

看護師の転職や離職率の高さは、一人当たりに担当する患者の数が減れば減るほど少なくなっています。いうなれば、看護師という仕事自体には魅力を感じるものの、あまりの労働のきつさに辞めざる得ない状況のところが多いと言えます。

 

こういった問題の解決には、まず慢性的な人不足の解消と研修制度などを充実させ、管理体制の徹底化を図る必要があるようです。

 

看護師 転職 口コミ|看護師専門の求人サイトを活用するべき?

転職を考えたとき、何を参考にしますか?

 

求人の数では圧倒的なボリュームを誇るインターネットの求人サイトを活用しない手はないです。看護師の求人サイトはインターネットで検索すれば非常に沢山見つかります。

 

病院を探す手段に関してはコチラへ

 

自分に合ったサイトを探すには、登録する前にサイト内を色々と検索してみるのが良いでしょう。その中で、自分の求めているような求人が沢山あったり、サイト内の検索が容易だったりしたサイトにいくつか登録しておくのがおすすめです。

 

サイトへの登録はまずは2〜3つくらいにしておきます。これは、あまり色々なところで登録していると混乱してしまうためです。

 

求人サイトは沢山ありますが、小さいサイトから大きなサイトまで様々です。大きな転職、求人サイトがバックにあるような看護師転職サイトも沢山あります。登録するときは、大きなサイトや小さいサイト、いくつか登録しておくと良いかもしれません。

看護師 転職 口コミ|求人サイトや転職先はどこが人気?

サイトに登録すると、必ずキャリアコンサルタントと連絡をとることになります。キャリアコンサルタントは就職に関するお手伝いをしてくれたり、自分に合った職場を紹介してくれます。

 

また、相談にも乗ってくれますし、履歴書や面接に対してのアドバイスももらえます。コンサルタントは自分の味方のような存在ですので、自分にあったコンサルタントがいるところに登録しておくことも大切です。

 

看護師の非公開求人についての説明・解説多くの看護師の転職サイトや求人サイトは、非公開の求人も多数持っています。これらの求人は、ネットなどに公開して広く公募するのではなく、コンサルタントが適当だと思った人材に紹介してくれるものです。※非公開求人とは...人気病院が応募の殺到を避けるために、一般公募せずに人材会社のみに依頼をする案件。

 

そのため、自分に適したより条件のよい求人の場合も多く、また、競争も少ないため仕事が得られるチャンスも高くなります。どのサイトも無料で登録できるのもうれしいところです。

 

看護師 転職 口コミ TOPへ

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師転職 口コミ@病院・クリニック・診療所・医院の違い

医療系の求人情報、その他の情報をチェックする際ですが、注意すべきことがあります。

 

あなたが本気で看護婦という職業に就きたく、てこれまで一生懸命勉強したり・経験を積んできたのであればすでにご存じかと思いますが、これから看護婦さんになりたい人もいると思いますので記載しておきます。

 

一般の多くの方は、「病院」、「クリニック」、「診療所」、「医院」という言葉を聞いても、その違いをよくわかっていません。ですが、看護婦さんにとっては、これらのどこで働くのかということはとても大切になってきます。

 

まず「病院」というのは、入院患者のためのベッドを20以上所持している医療施設のことを指しています。また、そのような病院の中でもベッド数が200以上ある大きな病院になってくると、初診料や再診料も変わってきます。

経験なされたことがあるかもしれませんが、紹介状を持って行かないと、特別料金がかかる病院ということになります。そして、ベッド数が19以下からゼロまでの医療施設には「診療所」や「クリニック」、「医院」という名称がつけられています。

 

ほとんどの場合、各医療施設の名前の後に、「病院」、「クリニック」、「診療所」、「医院」のどれかが付けられていますから、求人情報をご覧になる時に、規模間がつかめると思います。

 

大きな病院で働きたいのか、それとも比較的小さい開業医のもとで働きたいのか、看護婦さんの好みや希望するライフスタイルによって異なります。

 

大きな病院と開業医では、当然のことながら給料にも差がでてきます。自分自身の能力を発揮できて、長く勤務できるような職場を選ぶことが大切です。